キャラクター最新設定

射手座 12月20日生まれ
サジタリウス<SAGITTARIUS>
職業:詩人(本職では食べていけないので、通訳の仕事もしている)
血液型:B型
刻印の位置:右腰(脇腹)

6ヶ国語を操り、通訳の仕事もこなす。夢見がちで能天気。各国のシンジケートと独自の繋がりを持つ。

ペルソナXII
各国のネガティブシンジケートとの繋がりを駆使し、直樹はは必要な武器、弾薬の類を誰にも怪しまれずに入手する事が可能である。
報復に使用した武器弾薬類は、元が何であったかも判明出来ない様にバラしてから廃棄する。報復終了後は燃えないゴミが沢山でるので、大家さんからは目を付けられている。
特技
その豊富な語学力を駆使し、各国のネガティブなシンジケートとのネットワークを完成させている。
その星座が現すように、直樹は弓の名手でもある。
仕事
日本語の他に英語、ドイツ語、中国語(北京語)、フランス語、韓国語を話すことが出来る為、通訳の依頼は後を断たない。
ランボーを敬愛してやまない武内は、日曜日になると自費出版した詩集を手に、様々な場所に出没する。第一日曜=JR原宿駅駅前、第二日曜=JR新宿駅東口、第三日曜=お台場自由の女神前、第四日曜=浅草雷門前。詩集には、日常の些細な幸せをテーマにした「蒲公英」と、人生の苦悩をテーマにした「煉獄」との二冊がある。
しおり代わりに詩集に挟み込んだ家庭教師のチラシが功を奏し、最近英語の家庭教師も始めた。
プライベート
住所:東京都世田谷区代沢(下北沢)
アパート「第二富士見荘」の2階に住む。
直樹の部屋の右隣には笑顔の爽やかな中国人の青年、鳳元斗(21)が、左隣の部屋にはガッチリした体型のフォレスト・T・ギア(33)というアメリカ人が住んでいる。
趣味趣向
サイクリングが趣味。と、いっても高価なスポーツ・ツーリング用のものではなく、軽快車、いわゆるママチャリを愛用しており、ふらりと遠乗りに出かけることがある。
過去
小学生の時、地元の睦月寺に奉納されている、大人が3人がかりでやっと引けるという強弓を引いて見せた事があった。
直樹と鳳とフォレストの三人は「三国志演義」の中に登場する劉備・関羽・張飛の三人が交わした「桃園の誓い」のように、どんなときにおいても生死を共にする義兄弟の契りを交わしている。
サブキャラクター
【鳳元斗 cv:西田雅一】
直樹の部屋の右隣に住む笑顔のさわやかな青年。

中国に本拠地を持つアジア最大のネガティブシンジケート「竜牙黒珠会」の主頭の息子。
現主頭である元斗の父親は、息子が直樹のようなどこの馬の骨ともわからぬ日本人と付き合っていることを快く思っていない。だが、元斗の祖父である前代主頭は直樹のことを気に入っているようである。
【フォレスト・T・ギア cv:楠大典】
直樹の左隣に住むガッチリした体格の青い目のアメリカ人。

直樹に日本語を習っている。日常会話には困らない程度に日本語を操れはするが、漢字の読み取りは苦手なようである。

中央アメリカ最大の暴走族グループ「Hell Sloth」のボスであり、日本の暴走族にも大きな影響力を持つ。
【大家さん】
アパート「第二富士見荘」の大家さん、浅田ルリ子(89)。

アパートの近くの一軒家に住んでいる。元気がよく面倒見もよく、「大家といえば親も同然、店子といえば子も同然」が決め台詞。
【相楽君】
武内の家庭教師先の教え子。一人っ子。

高校生ながらしっかり者で、詩人で夢見がちな武内を心配している。