キャラクター最新設定

山羊座 1月3日生まれ
カプリコーン<CAPRICORN>
職業:弁護士
血液型:A型
刻印の位置:右背中

正義感が強く、筋の通らないことを嫌う熱血漢。堅物のようで、多少天然気味なところもある江戸っ子。

ペルソナXII
報復においても、健一が使用するのはその信念と拳ひとつである。
特技
普段のスーツ姿からは想像もできない程アグレッシブで身体能力は高い。
仕事
加害者擁護の風潮に一石を投じるべく虎ノ門に「宗像総合法律事務所」を構える。
メンバーは主宰である自分の他にパートナーとして松岡心(まつおかしん)と言う宗像同様司法試験を一発合格した天才がいる。
プライベート
住所:東京都台東区雷門
実家近くのマンションで独り暮らしをしている。
元来の性格と仕事の忙しさも相まって、家事には無頓着のよう。
趣味趣向
「カプリコーンFC」と言うサッカーチームを持つほどのサッカー好きで、その昔はプロからの誘いもあったほど。カプリコーンFCは宗像と松岡以外は、他の弁護士事務所メンバーなど業界関係者で構成されている
健一は着るものに無頓着で、今着ているスーツも吊しの二着でいくらと言うランクのものである上、一度袖を通してしまうと基本的に着た切り雀になってしまう。
過去
幼少の頃から正義感は強かったが、小柄な体型であったため、正しい事が力によってねじ曲げられてしまう様子を嫌という程見てきた。
そこで健一は「正義を貫くには絶対的な力が必要である」と言う事を勉強する。それも権力等と言った組織的な力ではなく、最も判りやすく、最も効果のある単純な力(暴力)が。以降健一は拳一つで相手を黙らせ、更生させてきた。
サブキャラクター
【松岡心 cv:遊佐浩二】
宗像総合法律事務所所属の弁護士。松岡は宗像の常に弱者の側立つ姿勢に共感し入所した。

その緻密な検証能力と天才的な弁論術で、黒いものを白に、白いものを黒にとひっくり返してしまう事から『オセロ』の異名を持つ。

宗像とは対照的に、スーツであっても二日と同じものを着ないと言うこだわりを持つ。家にはスーツ専用の部屋が設けており、その全てがアルマーニのオーダーメイド品である。
【宗像礼美(れみ)】
宗像の年の離れた妹。現在高校生。明るく天真爛漫で兄思い。事務所や宗像のマンションに来て掃除などをすることもある。