キャラクター最新設定

水瓶座 2月4日生まれ
アクエリアス<AQUARIUS>
職業:カメラマン
血液型:B型
刻印の位置:右肩

寡黙な情熱家。世界中の内戦地帯や戦場へも積極的に足を運び撮影を行う。女性が苦手らしい。

ペルソナXII
その独自の格闘術、サバイバルで培った経験と知識からくる発想とそれを実行可能とする高い身体能力を用いて報復を実行する。
春流の飼う二匹の犬、ボスとオーガは、ただのペットではなく、春流と共に報復に参加することもしばしばある。戦闘力の高いオーガはもちろん、ボスも信じられないような力を見せる。
特技
経験と知識により培われた春流のサバイバル能力の高さは超人的ともいえるものである。
普段はあまりその緊張感を表に出すことはないが、戦場や報復に赴く際など常に生命の危機と直面している状況下においてその能力は120%発揮される。
決して諦めない強靱な精神力、その精神力を支える圧倒的な情熱と責任感。そして常人離れをした肉体と膨大な量の知識に裏付けされた発想。如何なる状況においても生き延びる事が出来る。
また春流は過酷な環境下の中、自らの身を守るためあらゆる状況に適応した独自の格闘術を生み出すに至った。
ハーモニカを持ち歩き、大自然の中で奏でたり、戦場で子供たちに聞かせたりすることがある。
仕事
世界中で起こっている様々な悲劇を少しでも理解して欲しいとの想いから、危険極まりない内戦地帯や、戦場の最前線に積極的に足を運び、そのリアルな哀しみをファインダーに治めている。
もっともそれだけでは食べて行けないので、日本にいる時はグラビアアイドルの写真集も手掛けている。本人は不本意なのだろうが、春流が撮り下ろした写真集は何故か最低でも5万部は売れる為、新人アイドルを抱えるプロダクションからのオファーが後を断たない
グラビア系の仕事ではデジタルカメラも使うが、渡航時はフィルムカメラを使用。現像も自分で行っている。
プライベート
住所:東京都千代田区神田神保町
春流は家を空ける事が多いにも関わらず、二匹の犬を飼っている。一匹は大型犬のシェパードで名を「オーガ」と言い、もう一匹はミニチュアダックスフントで名を「ボス」と言う。
趣味趣向
好きな食べ物は?との問いかけには「醤油をかければなんでも」と答えるらしい。
コーヒー好きで、豆や淹れ方にはこだわりをもっている。筒井とはよく珈琲談義で盛り上がるらしい。
過去
ロバート・キャパに憧れ、カメラマンを目指した。 春流には食えない時から面倒を見てくれている恩人が二人いる。 この二人のおかげで現在の売れっ子カメラマンのポジションがあると言っても過言ではない。
サブキャラクター
【筒井虎雄 cv:稲田徹】
男性向け雑誌「MEN'S Θ」の敏腕編集長。
日下部が駆け出しの頃からいち早くその才能を見抜き面倒を見てきた。
本人的には親友同士と思っているのだが、日下部がまれに恩人として自分を扱い一線を引くことに不満を感じている。
日下部が取材などで海外に出かけるときは、「ボス」を預かる。

【長谷部陽子】
ママレード出版のやり手出版部局長。
筒井と同じく、日下部の才能を信じ、社内には元来存在しなかった写真集を出版する部門をわざわざ作り上げた。
日下部の女性アレルギーが出ない数少ない相手である。日下部は長谷部を母のようであり、また大切な同志であると考えている。
日下部が取材などで海外に出かけるときは、「オーガ」を預かる。