キャラクター最新設定

牡羊座 4月2日生まれ
アリエス<ARIES>
職業:俳優
血液型:O型
刻印の位置:左首筋

勝ち気で負けず嫌い。一見すると生意気ととられがちだが、妥協を許さないその姿勢を評価する者も多い。

ペルソナXII
"報復"を実行に移す際、まず翔は有能なミステリー作家になりきるところから始める。
緻密に組み上げられるトラップとトリックの数々。
次に翔はそれらのトリックが実行可能なリアリティーを持っているのかどうかの検証のためにシナリオライターになりきる。仮にそのトリックが不可能であるとの結論が出ると、再度作家となってそのトリックを練り直す。
そう言った推敲を何度と無くくり返す事で、一点の曇りもない完全犯罪を構築する。
そして最後の仕上げは被害者になりきる事。
被害者自らの手で復讐を果たすと言う結末により、一連の「報復」が完璧に完成される。
特技
どんな役でもこなすことのできる翔は、変装の名人でもある。この応用として、存在感の薄い人間を演じることで、周りの人間からは見えていても見えていないような(気に止まらない)状態になることができる。
情報を頭の中で整理し秩序立てて記憶する能力に優れる。この力は報復を行う際にも十二分に発揮される。
あくまでも趣味の範囲ではあるが、料理が得意で自室のキッチンには様々な料理道具が揃えられている。
仕事
デビュー以来映画一筋を貫いているため、テレビドラマやCMには出ていない。
楠船善哉というマネージャーにスケジュールの管理やマネージメント業務の一部を委託している。
プライベート
住所:東京都渋谷区恵比寿南
坂の多い閑静な住宅街に佇む高級マンションの最上階フロア全てが角坂の居住区である。
実は悪筆だが、素人目には下手すぎて達筆に見えてしまうことも。自宅カレンダー、台本の書き込みなどは他人には暗号にしか見えない。でも本人には解読できる。
字は下手でも、長い間何度もファンレターを送ってくれてる人には、印刷した返信用葉書に一言何か手書きで書き足してくれてる。
趣味趣向
70年代、80年代に来日した外国人アーティストのコンサートで販売していたロックTシャツの収集にはまっている。最近はその趣味が周知となり、映画スタッフや共演者から出物の情報が入ってくるようになった。
過去
17歳のとき、ハヤサカ・ノリヒロ監督の映画作品「露命男と樹里越徒」の露命男役で鮮烈にスクリーンデビューを果たし、その年の新人賞を総なめにした。
続く阪本鉄郎監督の「牡丹雪」では、日本アカデミー賞を始めブルーリボン賞からマイナーなヨコハマ映画祭の主演男優賞に至まで、国内の賞という賞は全て受賞しつくし、19才の時に「あなたとふたりでパーティーを」(監督ヴェルナール・ストラーノ)でカンヌ国際映画祭主演男優賞を、20才の時に「闇に蠢く」(監督北野みなみ)でヴェネチア国際映画祭助演男優賞を、続いて「此処より他の場所」(監督ウォン・ターチャオ)で東京国際映画祭の助演男優賞も受賞している。
かつて同じ劇団に在籍し、トップの座を争った来生響夜というライバルがいた。
お互い切磋琢磨しあう仲であり、俳優デビューも同期の親友であった。
サブキャラクター
【楠船善哉 cv:織田優成】
天才的スケジューリング能力で角坂のマネージメントを行う。また情報収集能力にも卓越したものを持ち、角坂に頼りにされている。
角坂とは面接の時に一度だけ会ったきりで、以降は全て電話とメールでの業務のやりとりを行ってきた。

角坂曰く「もう少し冗談がわかるようになれば、完璧なのに」とのこと。